0120-181-530 営業時間 8:30~17:30(定休日:日曜日)

まだ使えそうな不要品の処分について


家の中をきれいにすると、捨てようと思うがまだ使えるものが意外と出てくることありますよね。
捨ててしまうのは簡単ですが、一工夫すれば誰かの手に渡り、役立つこともあるのです。

使えそうなものも捨ててしまえばただのゴミです。
しかし、誰かが再利用することによりゴミを減らすことができます。
様々な方法があるので一つ一つ見ていきましょう。

 

リサイクルショップ

リサイクルショップ

新品にこだわらなければ、安く家具などを購入することができるリサイクルショップ。
引っ越しのときにでる不用品をまとめてリサイクルショップに持ち込むと多少のお金にもなります。

リサイクルショップは、探してみると思っているよりたくさんあります。
近くのお店に直接売りたいものを持ち込むだけでよいのです。
家電など大きくてお店に運べないものは、リサイクルショップの店員が家まで直接来て、値段を決め運搬までしてくれます。

ほとんどの生活用品が対象になるため、ひどく汚れていたり壊れていなければリサイクルショップを利用して不用品をお金に換えるとお得ですよ。

※勿論、使えるものでも買い取ってもらえない事もあります。

 

ネットオークション

ネットオークション

ネットオークションサイトに不用品を出品すると、その商品を買いたい人が商品に値段をつけていきます。
その際、1番高い値段をつけた人が購入できるという仕組みです。

不用品を出品するための手順は、その不用品の写真を撮り、不用品の説明文を書き、オークションの開始金額と取引期間を指定します。

ネット上で商品のやり取りをするため、実際に商品を見たり触ったりできません。
よって、ネット上でいかにその商品を正確に伝えるかがコツになります。

工夫としては写真を様々な角度から数枚撮り掲載すること。
商品の説明文は少し傷がついているなどできるだけ詳しく書くなどの点に気を付けます。
子供服はサイズがすぐに小さくなってしまうため、中古で買う方が多いです。

手始めに家に不用品として子供服を残してあるのならネットオークションへ出品してみてはいかがでしょうか?

 

フリーマーケット

フリーマーケット

お客さんとしてフリーマーケットへ行ったことがある方は多いでしょう。
しかし、いざ自分で家の不用品をフリーマーケットで売るとなると壁を感じるかもしれません。

フリーマーケットならうまくいけば、1日で不用品がなくなるので大量の不用品があるのなら効率が良いです。

出店するために、出店料金が必要となる場合があるので確認しましょう。
不用品回収業者などの企業が参加できないフリーマーケットに出店すると競争率が低くなり、商品が売れやすいのでオススメです。

動きやすいきれいな服装で売るなど見た目に気を使うことも大切です。

レジャーシートに売りたい不用品を工夫をこらして陳列することも必要です。
買ってほしいものを手前に置いたり、お客さんが手に取りたいなと思う見やすい陳列を心がけます。

また、フリーマーケットは会話を楽しみに来ている方も多いです。
足を止めてくださった方にはタイミングをみて声をかけると売れやすくなりますよ。

 

誰かに譲る

友達、親戚、同僚など関わりのある人に自分は使わないが、まだまだ使うことのできる不用品の話をしてみると案外欲しいと言われることがあります。

とくに家電や家具は、不用品として家に置いておくとスペースをとるので、早く処理をしたいですよね。

普通に粗大ゴミとして捨てるのであれば料金がかかりますが、誰かに譲るのならタダでお得です。
いらないだろうなと思っても、一回思い当たる人に声をかけてみるのも一つの手です。

 

寄付

家の不用品を海外途上国の物資支援として寄付することができることをご存知ですか?

最も必要としている人の手に渡るのが良いと考える方にオススメの方法です。
少しお金はかかりますが、誰かの役に立つことができると思うと高い料金ではないと思います。

段ボールに不用品を詰めて、メールなどで集荷日時を決め料金を払うことで手続き完了となります。

主な対象商品は、古着やぬいぐるみ、おもちゃ、雑貨や食器など。

家の中を整理整頓した時に、段ボール一つ分これらの不用品が出た場合、寄付するという選択肢があるということを知っておくだけでも良いですね。

 

不用品回収業者

忙しくてなるべく手間をかけずに不用品を処分したいときにオススメなのが、不用品回収業者です。

家まで来てくれて、回収してもらい料金を払うだけなので楽です。
家電を回収してくれるところもあり、引っ越しの荷造りやハウスクリーニングなど多様なサービスを行っている業者もあります。

不用品回収業者なら全て回収してくれるわけではなく、回収できないものもあります。
生物やパック詰めの食品、動物や薬品、医療器具は回収できません。

確実に処分したい場合、不用品回収業者の選び方に注意が必要です。
無許可で回収を行っていたり、不法投棄をしている不用品回収業者も少なくないため、しっかりと下調べをしてから頼むようにしましょう。

 

まとめ

使えそうな不用品の処分方法はいろいろとあり、迷ってしまいますね。

少しの不用品ならゴミとして捨てるのが楽ですが、大量に使える不用品がある場合、紹介した方法の中で挑戦できるものを試してみてはどうでしょうか?

自分で出す時間を惜しむなら
自宅まで回収に伺い、片付けまでする
YUTORIの活用がお得!

ゴミの処分費用に応じて、食事券などに使える『エコマイスタークーポン』がもらえます。

お電話でのお問合せは… 0120-181-530
営業時間 8:30 〜 17:30 / 定休日 日曜日

 

法人・個人のゴミ回収サービスに関するお問い合わせ
ページトップへ
会社情報 リクルート 無料お見積り
お電話でお問合せ0120181530LINEで簡単お問合せ